社員インタビュー

社員インタビュー

鮫島 博人

綾瀬工場
棒鋼製造部 圧延課

鮫島 博人SAMASHIMA HIROTO

2017年 入社(高校新卒)
鹿児島県出身

  • 現在の仕事内容とやりがい

    圧延課はビレットと呼ばれる鋼塊を棒鋼へと成型する部署です。私の主な仕事として流れてくる製品に不良がないかの確認作業を担当しています。業務内容としては機械オペレーター、生産される製品の監視、点検、整備作業があります。特に製品の監視作業は生産ラインの最終ポイントのため注意深く仕事に臨んでいます。小さな傷や曲りなども見過ごせないので非常に気を使い大変ですが、その分やりがいも感じています。

    現在の仕事内容とやりがい

  • 仕事をする上で大切にしていること、
    気を付けていること

    作業と休憩のメリハリをしっかりつけるようにしています。監視の作業というのはとても集中力がいります。この工程でのミスはクレームに直結することが多いため休む時はしっかり休み、疲れて製品の不良に気付かないということが無いように気を付けています。

    仕事をする上で大切にしていること、気を付けていること

  • 入社を決めた理由

    就職活動の際に求人を見ていて他と比べて休日数が多く、高校の先輩もいることも知り安心して仕事ができると思い入社を決めました。面倒見の良い先輩ばかりで一から丁寧に仕事を教えてもらい、すぐに職場になじむことができました。

    入社を決めた理由

  • この会社の良いところ

    休日が多く、仕事とプライベートの両立がしやすいことです。休みの日はよく友人と都心まで遊びに行ったりしています。また、年末年始のまとまった休みの時は実家に帰り家族と過ごしたりもしています。休日に息抜きがしっかりできるので、高いモチベーションをもって仕事ができていると思っています。仕事を続けていくうえでも休日は重要な事だと私は考えており、こういった働きやすい環境がこの会社の魅力だと思います。

    この会社の良いところ

(2019年1月現在のインタビュー記事です)

ページ上部へ